協会アワードとは?

協会アワードは、社会に良いことをしながら収益をあげるビジネスモデルを構築し、認定講師と呼ばれる起業家の育成・支援をしている協会を表彰するイベントです。
2012年から開催され、今年で7回目となります。

2008年に公益法人制度が改定され、民間で簡単に非営利法人として
活動することができるようになり、認定講師を育成する協会ビジネスが誕生しました。

2012年、協会ビジネスの普及と交流を目的として、
「30年後の子供たちが笑顔で暮らせる日本を作る」をテーマにした
パネルディスカッション「教える力で日本を元気にする」を開催しました。

第1部のコーディネーターは、神田昌典さん。
パネラーは、デザイナーの桂由美さん、東京学芸大学客員教授の藤原和博さん、
TEDxTokyo代表のパトリック・ニュウエルさん、
作家の本田健さん、一般社団法人生涯学習認定機構代表理事の前田出の5名。

第2部のコーディネーターは、
一般社団法人日本アンガ―マネジメント協会の安藤俊介代表理事。
パネラーは、一般社団法人日本アタッチメント育児協会 廣島大三代表理事、
一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会 高原真由美代表理事、
一般財団法人日本不動産コミュニティー協会 浦田健代表理事、
一般財団法人しつもん財団 マツダミヒロ代表理事
と言う、協会ビジネスの先駆者たち。

2回目からは、「社会に良いことをしながら収益をあげるビジネスモデルを作る」をテーマに
協会アワードグランプリを開催してきました。

これまでのグランプリは、
・一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会
・一般社団法人日本サロネーゼ協会
・一般社団法人ISD個性心理学協会
・一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール
・一般社団法人笑い文字普及協会
が受賞しています。

協会アワード2019においても、2018年にもっとも活躍した協会を選出し、表彰いたします。


協会アワード2019表彰式&パーティー概要

対象者

・協会理事長
・認定講師
・これから協会を設立したい人
・協会ビジネスに興味がある人
・その他協会アワードの理念に共感いただける方

日時・場所

【日時】
2019年5月30日(木)
・表彰式:17時~18時30分

・パーティー:18時30分~20時30分

【場所】
THE LANDMARK SQUARE TOKYO (シナガワグース30階)
(〒108-0074 東京都港区高輪3-13-3)
アクセスはこちら http://www.landmark-tokyo.com/access.html

参加費用

・表彰式&パーティー参加費用:12,000円(税込)
※パーティーは立食のビュッフェスタイルとなります

これまでの協会アワード受賞者の声

協会アワード2018 文部科学大臣賞受賞

一般社団法人 笑い文字普及協会 廣江まさみ代表理事

協会アワード2018において、文部科学大臣賞を受賞したことにより協会にはたくさんの影響がありました。

「文部科学大臣賞をいただいています」とお伝えするだけで、どなた様との話もスムーズに進むようになったことに驚いております。

賞が取れたのは、協会の力だけではなく、講師の方お一人お一人が協会のために動いてくださったから。そしてそこにつながるたくさんの受講生や、お世話になった様々な方のおかげだと思っています。

ちょうど出版に伴う全国ツアーとも重なっていたので、全国各地で講師やお世話になった方々お一人ずつにこの賞状を持っていただきました。

賞状を手にしたお一人お一人のその晴れやかな顔、嬉しそうな顔。「これに見合う仕事をせななぁー。」の声に講師たちの意識の変化を感じました。

賞を取る事もですが、賞を取るまでのプロセスにこそたくさんの喜びが潜んでいました。

今年は、いち応援者として、協会アワードの発表をとても楽しみにしています。

協会アワード2017  大賞受賞

一般社団法人 シェア・ブレイン・ビジネス・スクール 中山匡代表理事

大賞(第1位)を受賞することができた結果として、認定講師の協会への所属意識がますます高まり、講座の開講数も一気に増えていきました。また、受賞した結果がSNS等で拡散され、これまでよりも1桁広い層にまで、協会のことを認知していただいたのを実感しています。

こうした具体的な効果が出ていることもあり、受賞したことに対する喜びは、協会本部以上に、日々活動に協力をしてくれている認定講師の方々のほうが、より大きなものだったことを痛感しています! まさに、協会のブランディングを行う上で、大変ありがたい機会でした。


最近では、協会ビジネスの認知によって、類似の協会がたくさん生まれてきている業界も増えてきました。そのようなとき、協会アワードで賞を受賞することは、類似の協会に対しても大きな差別化要因になると思います。


今年はどのような素晴らしい協会が賞を受賞されるのか、大変楽しみにしております!

実行委員会代表からのメッセージ

「世界で一番愛されるビジネスモデル」

すべての業界で「社会性と収益性」を両立させる仕組みを作り出した組織が、これからの時代をリードします。その組織は、日本では一般法人(一般社団、財団法人)が担うようになります。

「教育で日本を元気にしたい」と、協会を作り、認定講座を開講し、認定講師を育成して、全国展開を図る理事長がたくさん生まれました。

協会ビジネスは教育起業家を育成し、「理念」と「収益」を両立する素晴らしい仕組みです。

協会ビジネスは、人と人の関わりが大切です。

「理念」に共感する認定講師を育成し、その認定講師が各地で活躍する仕組みを構築していきます。

協会を設立することで、大きく人生が変わった人がたくさん生まれてきました。
設立した理事長はもちろん、認定講師。
そして、認定講座を受講した人とその家族、仲間たちです。

関わる人たちがすべて幸せになるこのビジネスモデルを、世界で一番愛されるビジネスモデルとして、認知してもらうための一つの方法として、この協会アワードを開催しています。

協会アワード開催の目的は、次の5点です。

1.協会ビジネスの成功モデルとは何かを検証する
2.理念と収益が両立し、継続する仕組みを共有する
3.社会に良いことをしながら儲かるビジネスに関わる喜びを共有する
4.教育起業家として、違う分野で活躍している仲間と交流する
5.教育起業で新たに1200億円のマーケットを作り出す

「2020年までに、年商1億円の協会を200団体作りたい」

それが私たちの目標です。
そうすれば、日本の教育起業のスタンダードが変わります。
「学ぶ事」が楽しい、「教える事」が楽しい社会を生み出すことが出来ます。

30年後の子供たちの笑顔を作り出すのは、教育に携わる私たちの使命です。
一緒に、素晴らしい日本を作りましょう。
協会を設立して、教育起業家を育成し始めた理事長さん、協会アワード2019への参加をお待ちしています。

協会アワード2019 実行委員会代表 前田 健志